日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

豪州記者が見たハリルJAPAN「変化の最中で混乱している」

 ロシアW杯予選B組オーストラリア戦(11日)を1―1のドローで切り抜けた日本代表だが、1位サウジアラビア、2位オーストラリアの後塵を拝して3位。日本はロシア行きのチケットを獲得できるのか?サッカージャーナリストの元川悦子氏が、メルボルンで現地記者を直撃した――。

ミカエル・ルンチ(ザ・サンデー・モーニング・ヘラルド紙)

「前半は日本が、後半はオーストラリアが試合を支配した。ドロー決着は日本にとって悪くはなかった。アジアは日本、オーストラリア、予選A組の韓国がトップカントリー。A組のイランもグッドだ。B組は(日本が初戦で負けた)UAE、そしてサウジアラビアのレベルが上がり、日本は予選で苦労している。それでも、日本はロシアに行けるんじゃないかな」

ダニエル・プロッツマニ(スペイン語のラジオ局ラディオ・ラ・ファミリー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事