日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今年も好条件で“選手買い” オリックスの懲りないFA戦略

 ここ数年の話だ。あるFA選手が阪神、オリックスを含めた複数の球団と交渉、中で最も条件が良かったのはオリックスだったという。

 2年前のオフ、オリックスはFA選手を買い漁った。エース金子を「4年20億円」で残留させたうえ、米国帰りの中島と「3年最大12億円」で契約。当時は「総額30億円補強」とスポーツマスコミを賑わせたものの、15年はリーグ5位、今年は最下位に沈んだ。

 編成責任者だった瀬戸山球団本部長は、このオフ、退任。大金をつぎ込んで結果が出なかったのだから、ここまで責任を問われなかったことがむしろ不思議だが、編成担当者が代わっても球団方針は変わらないようだ。

 長村球団本部長は15日、日本ハムからFA権行使を表明した陽岱鋼(29)の獲得を目指していることを明らかにした。「代理人と話している段階。条件を含めた詳しい内容は言えない」と長村球団本部長は言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事