また序盤KO…オリ1位・山岡は周囲の“雑音”吹き飛ばせるか

公開日: 更新日:

 メッタ打ちでも悲嘆することはない。

 オリックスからドラフト1位指名された山岡泰輔(東京ガス)が、3日の社会人野球日本選手権初戦で二回途中7安打6失点の大炎上。ネット裏で見守った福良監督の顔を引きつらせた。

 今季のドラフトは田中正義(創価大)をはじめ、大学・高校に好投手が目白押し。しかし、そこは今季最下位に沈んだオリックス。2ケタ勝利は西だけという事情もあり、即戦力と評価されていた山岡が1位指名された。

 山岡は10月に行われたDeNAとの練習試合でも3回11安打5失点。こうも序盤でのKO劇が続いたことで、周囲から「田中や佐々木(桜美林大)を指名すればよかったのに」と、雑音が出るのは時間の問題だろう。

 もっとも、山岡は高卒社会人の21歳。ドラフトで指名された大卒選手よりも1学年下だ。それだけに成長の余地もまだまだ残っている。

 甲子園に出場した瀬戸内高3年時にはダルビッシュ(レンジャーズ)に「動画見たけど、これは一番だわと思いました」と絶賛された山岡。焦ることは何もない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る