史上初ベストナイン“二刀流”受賞 大谷に米球団関係者垂涎

公開日:  更新日:

「規定打席にも規定投球回数にも届いていなかったので、まさかという気持ちです」

 記者投票によるプロ野球のベストナインが25日、発表され、投手とDHで受賞した日本ハムの大谷翔平(22)がこうコメントした。

 今年から投手と野手またはDHの重複投票が認められるように。投げては165キロで10勝、打っては22本塁打。二刀流で活躍した大谷を念頭に置いた“ルール変更”だから、2部門での選出はもちろん史上初だ。

 現在、二刀流選手がいないメジャーでも、大谷の投打はいずれも高く評価されている。さるメジャースカウトがこう言った。

「大谷のバッティングがメジャーでも通用することは先の強化試合で証明された。WBC球はメジャー公認球同様、日本の統一球と比べて飛距離が出ない。筒香をはじめとするプロの中軸打者ですら飛ばないボールに苦戦する中、大谷だけは別格だった。右中間スタンド上段に特大の一発を放り込み、打球を天井に当てた。165キロの球を投げられるのは、肩関節の可動域がケタ外れに広いからだ。投打ともメジャーでもトップクラスのパワーを備えているうえに、このオフもトレーニングを積んでさらにパワーアップする方針だと聞いている」

 本人は「まさか」と言っているが、「投打ともメジャーでもトップクラス」なのだから同時受賞も納得か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る