史上初ベストナイン“二刀流”受賞 大谷に米球団関係者垂涎

公開日:  更新日:

「規定打席にも規定投球回数にも届いていなかったので、まさかという気持ちです」

 記者投票によるプロ野球のベストナインが25日、発表され、投手とDHで受賞した日本ハムの大谷翔平(22)がこうコメントした。

 今年から投手と野手またはDHの重複投票が認められるように。投げては165キロで10勝、打っては22本塁打。二刀流で活躍した大谷を念頭に置いた“ルール変更”だから、2部門での選出はもちろん史上初だ。

 現在、二刀流選手がいないメジャーでも、大谷の投打はいずれも高く評価されている。さるメジャースカウトがこう言った。

「大谷のバッティングがメジャーでも通用することは先の強化試合で証明された。WBC球はメジャー公認球同様、日本の統一球と比べて飛距離が出ない。筒香をはじめとするプロの中軸打者ですら飛ばないボールに苦戦する中、大谷だけは別格だった。右中間スタンド上段に特大の一発を放り込み、打球を天井に当てた。165キロの球を投げられるのは、肩関節の可動域がケタ外れに広いからだ。投打ともメジャーでもトップクラスのパワーを備えているうえに、このオフもトレーニングを積んでさらにパワーアップする方針だと聞いている」

 本人は「まさか」と言っているが、「投打ともメジャーでもトップクラス」なのだから同時受賞も納得か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る