• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

史上初ベストナイン“二刀流”受賞 大谷に米球団関係者垂涎

「規定打席にも規定投球回数にも届いていなかったので、まさかという気持ちです」

 記者投票によるプロ野球のベストナインが25日、発表され、投手とDHで受賞した日本ハムの大谷翔平(22)がこうコメントした。

 今年から投手と野手またはDHの重複投票が認められるように。投げては165キロで10勝、打っては22本塁打。二刀流で活躍した大谷を念頭に置いた“ルール変更”だから、2部門での選出はもちろん史上初だ。

 現在、二刀流選手がいないメジャーでも、大谷の投打はいずれも高く評価されている。さるメジャースカウトがこう言った。

「大谷のバッティングがメジャーでも通用することは先の強化試合で証明された。WBC球はメジャー公認球同様、日本の統一球と比べて飛距離が出ない。筒香をはじめとするプロの中軸打者ですら飛ばないボールに苦戦する中、大谷だけは別格だった。右中間スタンド上段に特大の一発を放り込み、打球を天井に当てた。165キロの球を投げられるのは、肩関節の可動域がケタ外れに広いからだ。投打ともメジャーでもトップクラスのパワーを備えているうえに、このオフもトレーニングを積んでさらにパワーアップする方針だと聞いている」

 本人は「まさか」と言っているが、「投打ともメジャーでもトップクラス」なのだから同時受賞も納得か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  9. 9

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る