• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

自己評価真っ二つ 8位タイ浮上の松山・石川に微妙なズレ

【ISPSハンダゴルフW杯 2日目】

 大会2日目はそれぞれのボールを打って、いいスコアを採用するフォアボール形式が行われた。

 10位発進の日本代表は7バーディー、ノーボギーの65で回って8位タイに浮上。だが、ホールアウト後の意見は分かれた。

 松山英樹(24)は、「(7アンダーは)2人では少ない。納得いく数字じゃない。10アンダーは出せると思っていた。自分のゴルフがふがいない」と悔しさをにじませた。

 一方の石川遼(25)は、「周りと比べて7バーディーは悪くない。ノーボギーだったのがよかった」と振り返った。7バーディーの内訳は石川が4つ、松山が3つ。ただしイーブンパー7位タイ発進からトップに躍り出たデンマークは、2イーグル、8バーディーの60と爆発し、勢いがあった。それに比べたら日本は乗り遅れた感じが否めない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る