大谷争奪戦から脱落か ドジャース不法交渉疑惑をMLB調査

公開日:

 日本ハムが正式に移籍を容認したことで、早ければ来オフにも入札制度でメジャー挑戦する大谷翔平(22)。

 米5日(日本時間6日)にはメリーランド州で、30球団のフロント幹部や代理人が一堂に会するウインターミーティングがスタート。会場となったリゾートホテルのあちこちで「オオタニ」の単語が飛び交うなど、初日から注目の高さをうかがわせた。

 そんな米球界でいま物議を醸しているのが、ドジャースの「タンパリング(不法に交渉を行うこと)疑惑」だ。去る11月10日、WBC日本代表がメキシコ代表と行った強化試合の練習中、ドジャースの主砲エイドリアン・ゴンザレスが大谷と談笑。ドジャースのグッズを詰め込んだバッグをプレゼントした後、再びゴンザレスが大谷と談笑した際にドジャースの3人のスカウトもその場にいたことがタンパリングに当たると米国で問題視されたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る