• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大谷争奪戦から脱落か ドジャース不法交渉疑惑をMLB調査

 日本ハムが正式に移籍を容認したことで、早ければ来オフにも入札制度でメジャー挑戦する大谷翔平(22)。

 米5日(日本時間6日)にはメリーランド州で、30球団のフロント幹部や代理人が一堂に会するウインターミーティングがスタート。会場となったリゾートホテルのあちこちで「オオタニ」の単語が飛び交うなど、初日から注目の高さをうかがわせた。

 そんな米球界でいま物議を醸しているのが、ドジャースの「タンパリング(不法に交渉を行うこと)疑惑」だ。去る11月10日、WBC日本代表がメキシコ代表と行った強化試合の練習中、ドジャースの主砲エイドリアン・ゴンザレスが大谷と談笑。ドジャースのグッズを詰め込んだバッグをプレゼントした後、再びゴンザレスが大谷と談笑した際にドジャースの3人のスカウトもその場にいたことがタンパリングに当たると米国で問題視されたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  2. 2

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  5. 5

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  6. 6

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

  7. 7

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  10. 10

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

もっと見る