相手はKO率100%も 小国以載にベルト奪取の秘策あり

公開日:

 IBF(国際ボクシング連盟)世界スーパーバンタム級5位の小国以載(28=角海老宝石)が14日、大晦日に京都・島津アリーナ京都で行われる同級王者ジョナサン・グスマン(27=ドミニカ共和国)との世界戦に向けた練習を公開。第36代WBAライト級王者の小堀佑介(35)を相手に2ラウンドのスパーリングなどをこなした。

 兵庫県赤穂市出身だけに、12月14日の赤穂浪士討ち入りにちなみ、義士の衣装に身を包んで練習場に姿を見せた小国。相手のグスマンは23戦22勝(22KO、1無効試合)。KO率100%の強敵だけに、「勝算は20%。宝くじを当てるよりは楽ですけど」と弱気に話したが、対策に抜かりはない。

 グスマンは中南米選手に多いラフファイトも辞さないタイプだ。クリンチの際、レフェリーが「ストップ」をかけた後でもパンチを繰り出すのは珍しくない。かつてグスマンのスパーリングパートナーを務めたキューバ人ボクサーから相手の情報を仕入れたそうで、「練習では、反則ギリギリのことをやるように心がけてきた」(小国)という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る