C・ロナウドひとりで浦和超え Rマドリード“異次元のカネ”

公開日:

 8日に開幕したFIFAクラブW杯に出場する欧州王者のRマドリード(スペイン)が12日、チャーター機で羽田空港に到着した。

 朝5時着の便にもかかわらず、空港に集まったファンは実に約500人。ジダン監督(44)を筆頭にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(31)、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(25)らの世界的スーパースター軍団が姿を見せると、大きな歓声が巻き起こり、夜明け前の羽田はパニック状態に陥った。

「遠く離れた日本のサポーターをも熱狂させるRマドリードは、世界最強クラブですからね。今年7月に米経済誌フォーブスが発表した『世界のプロスポーツチームの資産価値ランキング』では、米フットボールのカウボーイズに次ぐ世界2位。その資産価値は36億5000万ドル(約4197億5000万円)と算出されました。Rマドリードの公式HPによれば、14-15年シーズンの総収入は実に735億円。もちろん、世界のサッカークラブのナンバーワンです。例えば、日本のJリーグのトップである浦和の14年度の総収入は約58億円超。J1全クラブの総収入が約593億円ですから、日本のトップ18チームが束になっても、Rマドリードにはかなわないという異次元のレベルです」(サッカー記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る