クラブW杯で試験導入 ビデオ判定は日本代表に追い風か?

公開日:

 8日のクラブW杯開幕戦で開催国代表の鹿島が、オセアニア代表のオークランドシティー(ニュージーランド)に2―1で逆転勝ちした。

 この試合から、国際サッカー連盟(FIFA)の主催大会では、初の試みとなる「ビデオ判定」が導入された。

 目的は誤審防止。ゴール、ファウル、退場やPKの宣告など、試合展開や結果を左右する重要な判定について、あらゆる録画映像を使って映像室で確認できる。クラブW杯後も、ブラジル、フランス、ドイツ、イタリアなど12カ国の大会で引き続き試験導入される予定だ。

 ビデオ判定導入で誤審が減る一方、懸念材料もある。サッカーの魅力のひとつであるスピード感が失われることだ。

 ビデオ判定のたびにプレーが止まれば、当然アディショナルタイムも膨らむ。しかし、FIFAのインファンティーノ会長が先月、フランスの日刊紙のインタビューで「当初は乗り気ではなかったが、試合がブツ切れになるのではという心配はテストをして杞憂にすぎないという結論に達した」とコメント。さらに「この2年間でテストの回数を増やし、2018年3月には決断する」と話している。18年6月に開幕するロシアW杯での映像判定の正式導入も現実味を帯びてきたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る