どう戦う鹿島 CWC準決勝はシャペに“弔い星”誓う南米代表

公開日: 更新日:

 クラブW杯の鹿島(開催国代表)-南アフリカのサンダウンズ(アフリカ代表)戦(11日)の前半が終わった瞬間、放送テレビ局など大会関係者は頭を抱えたことだろう。

 前半45分でシュート数は、サンダウンズの11本に対して鹿島は0本。鹿島GK曽ケ端の連続好セーブがなければ、ワンサイドゲームになっていても不思議ではなかった。

 大会の目玉は12日午後5時来日予定のスペインの名門レアル・マドリード(欧州代表)。レアルの初戦は15日の準決勝メキシコのアメリカ(北中米カリブ海代表)戦。それまで鹿島には勝ち残ってもらい、大会を盛り上げてくれないと困る。

 それだけに後半、MF遠藤(写真右)とFW金崎のゴールで準決勝コロンビアのナシオナル(南米代表)戦に駒を進め、関係者は安堵のタメ息をついただろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  4. 4

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  5. 5

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  6. 6

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  7. 7

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  8. 8

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  9. 9

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る