本田圭はやはり戦力外…ミラン身売り白紙も窮地変わらず

公開日: 更新日:

 イタリア・セリエAは第16節を終わってユベントスが首位に立ち、2位ローマに続いて近年、低迷を続けていたミランが3位と大健闘だ。シーズン前には、中国系企業への株式売却も決定。中国資本のクラブになって金回りが良くなり、移籍マーケットがオープンになる年明け1月には、矢継ぎ早に戦力補強に打って出るともっぱらだった。

 ところが詰めの交渉でトラブルが多発し、ついに中国政府から「取引は認めない」と通達され、経営権の移転が、早くても3月に延期されることになった。このことを予言した人物がいる。

 中国リーグ・北京国安で指揮を執っていた元日本代表監督ザッケローニが、中国滞在中に「ミランの新オーナーが誰なのか、特定しようとしても誰も知らなかった。非常に怪しい状況と言うしかない」とイタリアの雑誌にコメントしたのだ。

「ミランは来季の欧州CL出場圏内の3位に付けており、来年1月に戦力を補強してチーム力を上げて順位をキープ。4季ぶりのCL出場を実現させたい。しかし、中国系企業への経営権移譲がご破算になりそうな雲行きになって、このままミランが上位をキープするのは厳しい状況となった」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  3. 3

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  9. 9

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る