• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「3試合の経験結実」鹿島のレアル戦善戦に守備戦術あり

「鹿島は堅く守って試合の流れを引き込み、ここぞというタイミングでカウンター攻撃を仕掛ける戦い方を徹底し、今大会を勝ち進んでいく中で外国クラブとの戦い方に慣れていったことが、この日の善戦につながったように思う」

 18日のクラブW杯決勝について、こう言うのはメキシコ五輪で銅メダリストと得点王に輝いた釜本邦茂氏だ。

 鹿島は前半9分、レアル・マドリード(スペイン)FWベンゼマに先制ゴールを許す。このまま一気に突き放されるかと思ったら、レアルは明らかにペースダウン。そこを鹿島が突いた。前半44分、MF柴崎がこぼれ球を押し込むと、後半7分にも再び柴崎がゴールを決めた。後半15分、PKをレアルのエース、クリスティアーノ・ロナウドに決められ同点に追い付かれる。結局、延長戦でクリロナにハットトリックとなる2ゴールを許して突き放されたものの、一時は鹿島がリードする展開に7万人近い観衆は大興奮。最強軍団相手の「善戦」はここまでニュージーランド、南アフリカ、コロンビアと、外国のクラブチームと3試合を戦った経験が生きたと釜本氏は指摘するのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  7. 7

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  8. 8

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  9. 9

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

  10. 10

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

もっと見る