• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

片岡と多くの共通点 G入り陽岱鋼「5年15億円」は大重圧

 3年前の12月、球団旗の前に座った巨人の原監督(当時)は、満足そうな笑みを浮かべて隣のFA選手に視線を向けた。

「どうしても欲しかった選手。スピード、パワーを持ち合わせ、失敗を恐れない強気なプレースタイルを持っている。これで、来季を戦う態勢が整った。感激しています」

 そう絶賛された片岡治大(33)はしかし、巨人入団3年目の今季はわずか32試合の出場。すっかりベンチを温める姿が板についてきた。移籍1年目に打率.252と期待を裏切り、2年目も・244。西武時代に3年連続50盗塁以上をマークした自慢の脚力も巨人では1年目の24盗塁が最高で今季はたった4だった。

「先日、巨人は日本プロ野球界初のFA補強3人目となる陽岱鋼と合意しましたが、その陽が片岡の二の舞いになるのではないか、という懸念の声がチーム内に広がっているのです。タイプ、キャリア、故障と共通点が多いのは確かです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

もっと見る