片岡と多くの共通点 G入り陽岱鋼「5年15億円」は大重圧

公開日:

 3年前の12月、球団旗の前に座った巨人の原監督(当時)は、満足そうな笑みを浮かべて隣のFA選手に視線を向けた。

「どうしても欲しかった選手。スピード、パワーを持ち合わせ、失敗を恐れない強気なプレースタイルを持っている。これで、来季を戦う態勢が整った。感激しています」

 そう絶賛された片岡治大(33)はしかし、巨人入団3年目の今季はわずか32試合の出場。すっかりベンチを温める姿が板についてきた。移籍1年目に打率.252と期待を裏切り、2年目も・244。西武時代に3年連続50盗塁以上をマークした自慢の脚力も巨人では1年目の24盗塁が最高で今季はたった4だった。

「先日、巨人は日本プロ野球界初のFA補強3人目となる陽岱鋼と合意しましたが、その陽が片岡の二の舞いになるのではないか、という懸念の声がチーム内に広がっているのです。タイプ、キャリア、故障と共通点が多いのは確かです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る