片岡と多くの共通点 G入り陽岱鋼「5年15億円」は大重圧

公開日: 更新日:

 3年前の12月、球団旗の前に座った巨人の原監督(当時)は、満足そうな笑みを浮かべて隣のFA選手に視線を向けた。

「どうしても欲しかった選手。スピード、パワーを持ち合わせ、失敗を恐れない強気なプレースタイルを持っている。これで、来季を戦う態勢が整った。感激しています」

 そう絶賛された片岡治大(33)はしかし、巨人入団3年目の今季はわずか32試合の出場。すっかりベンチを温める姿が板についてきた。移籍1年目に打率.252と期待を裏切り、2年目も・244。西武時代に3年連続50盗塁以上をマークした自慢の脚力も巨人では1年目の24盗塁が最高で今季はたった4だった。

「先日、巨人は日本プロ野球界初のFA補強3人目となる陽岱鋼と合意しましたが、その陽が片岡の二の舞いになるのではないか、という懸念の声がチーム内に広がっているのです。タイプ、キャリア、故障と共通点が多いのは確かです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る