ヤクルト入りオーレンドルフは超名門大出の“秀才”右腕

公開日: 更新日:

 ヤクルトは27日、新外国人としてロス・オーレンドルフ(34・レッズ)の獲得を発表した。

 年俸は1億7600万円プラス出来高の1年契約。背番号は「34」に決まった。193センチの最速153キロ右腕は、メジャー通算209試合で30勝。今季はメジャーで自己最多の64試合に登板し、5勝7敗2セーブ、防御率4・66だった。15年以降はリリーフでの登板が多かったが、09年にはパイレーツの先発として11勝をマーク。ヤクルトは先発として起用する方針だという。米球界に詳しいスポーツライターの友成那智氏がこう言う。

「直球、スライダー、挟んで投げるフォーク系のスプリットが持ち球。高低で勝負するタイプですね。飛球と奪三振が多い特徴があります。今季在籍したレッズの本拠地球場は本塁打が出やすい打高投低のため、被本塁打が目立ちましたが(14本)、日本でなら09年にメジャーで2ケタ勝った再現も期待できそう。先発もリリーフもできるのも魅力です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る