ヤクルト入りオーレンドルフは超名門大出の“秀才”右腕

公開日: 更新日:

 ヤクルトは27日、新外国人としてロス・オーレンドルフ(34・レッズ)の獲得を発表した。

 年俸は1億7600万円プラス出来高の1年契約。背番号は「34」に決まった。193センチの最速153キロ右腕は、メジャー通算209試合で30勝。今季はメジャーで自己最多の64試合に登板し、5勝7敗2セーブ、防御率4・66だった。15年以降はリリーフでの登板が多かったが、09年にはパイレーツの先発として11勝をマーク。ヤクルトは先発として起用する方針だという。米球界に詳しいスポーツライターの友成那智氏がこう言う。

「直球、スライダー、挟んで投げるフォーク系のスプリットが持ち球。高低で勝負するタイプですね。飛球と奪三振が多い特徴があります。今季在籍したレッズの本拠地球場は本塁打が出やすい打高投低のため、被本塁打が目立ちましたが(14本)、日本でなら09年にメジャーで2ケタ勝った再現も期待できそう。先発もリリーフもできるのも魅力です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る