「やっぱり入らない…」松山英樹のパット不調の原因は?

公開日: 更新日:

【ソニー・オープン】

 10アンダー16位発進からベスト10入りを狙った松山英樹(24)。最終日は2番ボギー、3番ダブルボギーとスタート直後からスコアを崩し、9番でこの日初めてバーディーを奪うも前半はスコアを2つ落としてターン。サンデーバック9は4バーディー(1ボギー)を決めてスコアを伸ばしたが、通算11アンダー27位に終わった。

 それにしても、今週はグリーン上で苦戦した。パットがスコアに貢献する数字を表す「ストロークス・ゲインド・パッティング」は4日間マイナス3.278(ランク67位)。先週大会のプラス1.162(ランク13位)より成績が悪い。

 ショットがスコアに貢献する「ストロークス・ゲインド・ティー・ツー・グリーン」は同プラス7.458(ランク6位)と好調だけに、今週はパットに関する不満をよく漏らした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  4. 4

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  7. 7

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  8. 8

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  9. 9

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  10. 10

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

もっと見る