世界トップ10入りで環境激変 松山英樹はどれだけ稼げるか

公開日:

「世界のマツヤマ」に近づいたか。

 男子ゴルフの最新世界ランキングが23日付で発表され、「CIMBクラシック」で2位だった松山英樹(24)が前週の13位から3つ上げて10位となり、世界ランクトップ10入りを果たした。世界ゴルフランキングで日本人がトップ10入りをしたのは98年の尾崎将司(69)以来、18年ぶりの快挙だ。

 米ツアー2勝の松山だが、メジャーは未勝利。とはいえ、世界ランク上位選手はJ・デイ(1位)D・ジョンソン(2位)と、R・マキロイ(3位)と10人中8人がメジャータイトルホルダーだ。つまり、松山のトップ10入りはメジャーチャンピオンと同等の実力があるという証拠でもある。実際、昨季は全米プロ4位、マスターズ7位と優勝争いにも顔を出している。

 松山が世界ランク100位以内に入ったのは、13年の中日クラウンズ2位で、108位から90位にアップした。同年のダイヤモンドカップに優勝して64位から49位に上昇してトップ50入りと、トントン拍子に順位を上げてきた。米ツアーに主戦場を移した14年の11月からはトップ20をキープし続け、ついに「世界の10人」になったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る