初日伸びず 松山の“ふてくされ顔”をスポーツ心理学者分析

公開日: 更新日:

「スコアは悪くないですが、スイング直後のしぐさなどから気持ちよくプレーしているようには見えませんでした」

 米ゴルフのソニー・オープン初日をテレビ観戦していたスポーツ心理学者の児玉光雄氏(追手門学院大学客員教授)がこう言う。

 今大会が2年ぶりの出場となった松山英樹(24=写真)は、6バーディー、2ボギーの66。4アンダーの21位というスタートだった。開催コースのワイアラエCC(ハワイ)は、アマ時代を含め過去4回出場の9ラウンドでアンダーパーはたった2回。松山は「あまり好きじゃないコース」と漏らした。この日も2打目をピンそばにつけてもイメージした弾道や落下地点とは異なるのか、スイング直後に何度も不満な表情を見せていた。

 前出の児玉氏が言う。

「自分の思う球が打てなかった時、数秒間だけありのままの感情を表に出して気持ちを切り替えることは悪いことではありません。初日の松山選手はショットがややブレていたこともあるが、2位で終わった前週に優勝争いをしたジャスティン・トーマス(23)が11アンダー(2イーグル、8バーディー、1ボギー)と爆発。めったに出ない59というスコアを意識してしまったのでしょう」

 その松山は大会2日目、4バーディー、1ボギーの「67」で回り、通算7アンダーでホールアウトした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  4. 4

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  7. 7

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  8. 8

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  9. 9

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  10. 10

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

もっと見る