田中の天敵“ヤンキースキラー” ブルージェイズと再契約へ

公開日:  更新日:

 ヤンキース・田中将大(28)には厄介な相手になりそうだ。

 FAになっていたホセ・バティスタ外野手(36)が昨季まで所属したブルージェイズと合意に達したという。16日付(日本時間17日)のMLB公式サイトなど複数の米メディアによれば、1年1800万ドル(約20億7000万円)。

 ブルージェイズで長らく主砲を務めたア・リーグ本塁打王(10、11年)のバティスタは、ア・リーグ東地区ヤンキースキラーとして知られる。

 昨季は55打数17安打の打率3割9厘、2本塁打、12打点。エース右腕の田中もバティスタを苦手としており、通算では27打数7安打の打率2割5分9厘ながら、昨季は4割2分9厘(7打数3安打)、3打点と打たれている。

 田中は今季終了後に20年までの契約を破棄してFAになる「オプトアウト権」を保有している。今季の結果次第では大型契約を手にする可能性もある田中にとって、ブルージェイズの主砲は手ごわい相手になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る