田中の天敵“ヤンキースキラー” ブルージェイズと再契約へ

公開日:  更新日:

 ヤンキース・田中将大(28)には厄介な相手になりそうだ。

 FAになっていたホセ・バティスタ外野手(36)が昨季まで所属したブルージェイズと合意に達したという。16日付(日本時間17日)のMLB公式サイトなど複数の米メディアによれば、1年1800万ドル(約20億7000万円)。

 ブルージェイズで長らく主砲を務めたア・リーグ本塁打王(10、11年)のバティスタは、ア・リーグ東地区ヤンキースキラーとして知られる。

 昨季は55打数17安打の打率3割9厘、2本塁打、12打点。エース右腕の田中もバティスタを苦手としており、通算では27打数7安打の打率2割5分9厘ながら、昨季は4割2分9厘(7打数3安打)、3打点と打たれている。

 田中は今季終了後に20年までの契約を破棄してFAになる「オプトアウト権」を保有している。今季の結果次第では大型契約を手にする可能性もある田中にとって、ブルージェイズの主砲は手ごわい相手になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る