日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

右肩痛再発か 巨人・山口俊「三軍スタート」で開幕に暗雲

 DeNAから巨人にFA移籍した山口俊(29)が、三軍でスタートすることになった。二軍に組み入れられていた当初の春季キャンプのメンバーから変更。29日、巨人が発表した。

 昨季終盤に右肩を痛めて戦線離脱。チームが初出場したCSに登板できなかった。古巣のDeNA関係者は「巨人とのファーストステージは間に合わなくても、広島とのファイナルには登板できる見通しがあって、ラミレス監督もアテにしていた。それが、肩の状態が思ったよりも深刻で、回避せざるを得なかった」と話していた。

 そんな事情を考慮されてのキャンプ二軍スタート。これは高橋監督や球団の“温情”だった。これまで慎重に調整してきたが、前日にブルペンで投球した際、肩痛を再発させた可能性がある。

「スタッフ会議で大事を取って二軍スタートを決めたのに、キャンプイン直前にわざわざ三軍に変更するのだから、よっぽどです。二軍の通常メニューさえこなせないわけで、ごまかせるレベルではなくなったということ。FA1年目だし、キャンプは二軍スタートでも、オープン戦で合流さえすれば、開幕ローテーション入りは堅かった。三軍はリハビリの意味合いが強いだけに、戦力として期待していた高橋監督も頭が痛いでしょう」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事