就任2年目でもV逸なら…G由伸監督“後任”にOB2人の名前

公開日:

 由伸だけは特別――とは、断言できないという。就任2年目を迎える春季キャンプに入った巨人の高橋由伸監督(41)について、読売関係者がこう言うのだ。

「3年契約の2年目とはいえ、『今年の結果次第では……』という声が読売内で聞こえるようになっています。一昨年10月、野球賭博問題が火を噴く中で監督に就任した。現役を続けるつもりだった本人に火中の栗を拾ってもらったという負い目が読売、球団上層部にあるとはいえ、リーグ優勝を逃した監督1年目の昨年は、采配的にも営業的にも、評価できる部分が少なかったと厳しい見方があるのは確か。02年に第1次政権が誕生した原監督、04年に就任した堀内監督はともに三顧の礼をもって迎えられながら、いずれも3年契約の2年目オフに退団に追い込まれた。由伸監督に限って原、堀内両氏のようにはならないとは言い切れない。このオフ、過去に例のないFA3選手を補強し、新外国人2人を含む6人もの助っ人を揃えるなど球団が勝って当たり前の戦力を用意しただけに、由伸監督がよりシビアな目で見られるのは間違いありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る