• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

就任2年目でもV逸なら…G由伸監督“後任”にOB2人の名前

 由伸だけは特別――とは、断言できないという。就任2年目を迎える春季キャンプに入った巨人の高橋由伸監督(41)について、読売関係者がこう言うのだ。

「3年契約の2年目とはいえ、『今年の結果次第では……』という声が読売内で聞こえるようになっています。一昨年10月、野球賭博問題が火を噴く中で監督に就任した。現役を続けるつもりだった本人に火中の栗を拾ってもらったという負い目が読売、球団上層部にあるとはいえ、リーグ優勝を逃した監督1年目の昨年は、采配的にも営業的にも、評価できる部分が少なかったと厳しい見方があるのは確か。02年に第1次政権が誕生した原監督、04年に就任した堀内監督はともに三顧の礼をもって迎えられながら、いずれも3年契約の2年目オフに退団に追い込まれた。由伸監督に限って原、堀内両氏のようにはならないとは言い切れない。このオフ、過去に例のないFA3選手を補強し、新外国人2人を含む6人もの助っ人を揃えるなど球団が勝って当たり前の戦力を用意しただけに、由伸監督がよりシビアな目で見られるのは間違いありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る