• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

就任2年目でもV逸なら…G由伸監督“後任”にOB2人の名前

 由伸だけは特別――とは、断言できないという。就任2年目を迎える春季キャンプに入った巨人の高橋由伸監督(41)について、読売関係者がこう言うのだ。

「3年契約の2年目とはいえ、『今年の結果次第では……』という声が読売内で聞こえるようになっています。一昨年10月、野球賭博問題が火を噴く中で監督に就任した。現役を続けるつもりだった本人に火中の栗を拾ってもらったという負い目が読売、球団上層部にあるとはいえ、リーグ優勝を逃した監督1年目の昨年は、采配的にも営業的にも、評価できる部分が少なかったと厳しい見方があるのは確か。02年に第1次政権が誕生した原監督、04年に就任した堀内監督はともに三顧の礼をもって迎えられながら、いずれも3年契約の2年目オフに退団に追い込まれた。由伸監督に限って原、堀内両氏のようにはならないとは言い切れない。このオフ、過去に例のないFA3選手を補強し、新外国人2人を含む6人もの助っ人を揃えるなど球団が勝って当たり前の戦力を用意しただけに、由伸監督がよりシビアな目で見られるのは間違いありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  3. 3

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る