日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ハラハラの米4勝目 松山英樹の“慎重姿勢”をプロどう見る

【フェニックス・オープン 最終日】

「ミスがなければ勝つチャンスはあると思う」

 首位と4打差3位発進の松山英樹(24)がプラン通りボギーなしの66で回り、通算17アンダーでウェブ・シンプソン(31)と首位に並んでプレーオフに突入。

 4ホール目にバーディーを決めて大会史上6人目の連覇を成し遂げ、日本人選手最多の米ツアー4勝目を手に入れた。

 松山は世界ランク5位と今大会出場メンバーの最高位。一方、16アンダー首位発進の安秉勲(25・韓)は全米アマを史上最年少記録で制し、欧州ツアー1勝をマークしているとはいえ、世界ランク47位と格下。米ツアー未勝利と経験も少ない。

 最終組でプレーする安の目の前で、1組前の松山がジワジワとプレッシャーをかけていった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事