メジャーが新ストライクゾーン 大打撃受ける日本人投手は

公開日:

 MLBが早ければ今季開幕からストライクゾーンを変更するという。

 6日(日本時間7日)のスポーツ専門チャンネル「ESPN」(電子版)によれば、新ストライクゾーンは下限を膝頭の下部から上部まで約2インチ(約5センチ)上げるという。すでにMLBでは競技委員会と規則委員会が承認しており、選手会が合意すれば採用される。

 新ゾーンは高め(肩の上端)の変更はないため、昨季までと比べてゾーン自体は狭くなる。打者有利にして打撃戦を増やす狙いだが、ゾーン変更で最も打撃を受ける日本人投手は誰か。

「これまで低めの変化球を振らせたり、打ち取ってきた投手が影響を受けるはずです。日本人で当てはまるのは田中(ヤンキース)、岩隈(マリナーズ)、上原(カブス)、田沢(マーリンズ)の4人。田中を筆頭に、いずれもワンバウンドや地面スレスレに落ちるスプリットを決め球にしており、新ストライクゾーンが適用されれば、当然、相手打者は手を出さなくなる。特にスプリットを多投する田中は対応に苦労するでしょう。中でも左打者はスプリットで抑えてきただけに、昨季38本塁打のデービス(オリオールズ)ら強打の左打者から食らう一発が増えるかもしれません」(スポーツライター・友成那智氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

もっと見る