• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

プレミア12ではミスも WBC1次Rはイタリア人審判に要注意

 3月に開幕するWBCの主催者は7日(日本時間8日)、大会規定を発表した。

 今大会から新たに投手10人を特別に登録する「投手指定枠」が設けられ、各チームともその中から2次ラウンド、準決勝の前に最大2投手の入れ替えが可能になる。前回同様、ビデオ判定は本塁打に関わるケースのみを対象とし、審判員の判断で実施する。

 映像を用いて公平なジャッジが下されるとはいえ、あくまでも本塁打のみ。その他の判定で日本は誤審に泣かされるかもしれない。

 今大会は審判の技術向上を目的に、欧州各国から5人の審判が各1次ラウンドに派遣される。5人のうち、日本のB組の試合を裁くのはイタリア人のファブリジオ・ファブリージ審判。国際試合での経験もあるが、このイタリア人審判は誤審が少なくないことで有名だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  3. 3

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  6. 6

    目黒5歳女児も 学歴コンプレックスの親がハマる“教育虐待”

  7. 7

    金融緩和継続 欧米と金利差拡大で円&国債大暴落の現実味

  8. 8

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

  9. 9

    公式本も発売 空前ブーム「おっさんずラブ」に続編あるか

  10. 10

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

もっと見る