• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

プレミア12ではミスも WBC1次Rはイタリア人審判に要注意

 3月に開幕するWBCの主催者は7日(日本時間8日)、大会規定を発表した。

 今大会から新たに投手10人を特別に登録する「投手指定枠」が設けられ、各チームともその中から2次ラウンド、準決勝の前に最大2投手の入れ替えが可能になる。前回同様、ビデオ判定は本塁打に関わるケースのみを対象とし、審判員の判断で実施する。

 映像を用いて公平なジャッジが下されるとはいえ、あくまでも本塁打のみ。その他の判定で日本は誤審に泣かされるかもしれない。

 今大会は審判の技術向上を目的に、欧州各国から5人の審判が各1次ラウンドに派遣される。5人のうち、日本のB組の試合を裁くのはイタリア人のファブリジオ・ファブリージ審判。国際試合での経験もあるが、このイタリア人審判は誤審が少なくないことで有名だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る