広島監督は何年先? 引退の黒田を待つ悠々自適の米国生活

公開日: 更新日:

 球場がこの日一番の盛り上がりを見せた。

 15日に宮崎サンマリンスタジアムで行われた「名球会フェスティバル2017」の東西対抗試合。昨季、日米通算200勝を達成し、現役を引退した元広島の黒田博樹氏(41)が登板。最速134キロをマークした右腕は、同僚だった広島の新井貴浩をストレートで遊ゴロに打ち取り、「新井だけには打たれたくなかった。気持ちよく投げられた」と、笑顔だった。

 黒田氏は近日中に日本を離れ、自宅のある米国に戻る予定という。引退直後から「少しゆっくりしたい」と話しているだけに、ユニホーム姿は当分見られないかもしれない。球界OBが言う。

「広島球団はキャンプで臨時コーチとして招聘したい考えもあったようですが、今春は黒田の意向をくんで、オファーをしていないそうです。現役時代に山ほどお金を稼いだこともあり、しばらくは松井秀喜氏と同様、悠々自適に過ごすつもりでしょう。かつて在籍したヤンキースやドジャースで臨時コーチをオファーされる可能性はあるものの、黒田自身が現時点ではコーチ業にあまり関心がないそうですから、今年に限っては実現しないかもしれない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  4. 4

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  7. 7

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  8. 8

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  9. 9

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  10. 10

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

もっと見る