金本監督も決心か 阪神開幕4番に8年目・原口が急浮上

公開日:  更新日:

「4番? 金本監督の腹は決まっているんじゃないか」

 キャンプを視察した阪神OBがこう言った。13日に行われたDeNAとの練習試合で4番に座ったのは、8年目捕手の原口。四回の第2打席で、巨人から移籍してきた平良から左前打を放ち、自慢の打撃をアピールした。

 金本監督は「糸井と福留以外は競争」と言い、それ以外のレギュラーは未定と公言しているが、故障さえなければ原口の開幕スタメンは決まっているともっぱらだ。

「新助っ人のキャンベルは大砲ではなく、ヒットメーカー。長打力では原口の方が上だ。昨年は107試合で規定打席未満だったが、打率.299、11本塁打、46打点の数字を残してベンチの信頼を得た。阪神は、福留、鳥谷、糸井、高山が左打者。金本監督は、右、左を交互に並べるジグザグ打線を組みたいと聞いた。浜風に強い右の原口は4番で使うはずだ。問題は守備位置だね」(前出のOB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る