メジャー仕様意識 日ハム大谷が狙う“40発打法”の落とし穴

公開日:

「これまでのバッティングを変えようとしていると聞きました。打球の飛距離を伸ばし、本塁打を増やす狙いだそうです」

 日本ハムのさるOBがこう言った。「バッティングを変える」とは大谷翔平(22)のことだ。右足首痛で別メニュー調整の大谷は14日、屋内練習場で約40分間の打ち込み。ティー、フリー、マシン打撃で汗を流した。

「初のマシン打撃で安心した? 安心はしてません。いっぺんには前に進めない。とりあえずバックはしていない。ゆっくりとやっていって欲しいね」とは栗山監督だ。

 昨季は104試合で22本塁打。約4.7試合に1本の計算だが、それでも本人は22本という数字について、「満足していない」と話した。

 今季は30本、いや、ひょっとしたら40本を目指しているのではないか。前出のOBがこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る