日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“柳腰”フォーム中日鈴木 キレ味も増し先発ローテへ前進

 期待の表れだった。

 12日、中日の鈴木翔太(21)が対外試合の開幕戦となったハンファ(韓国)戦に先発。2回無安打無失点、3奪三振の好投も、「自分の求める真っすぐではなかった。指にかかっているけど、シュート回転したこと、高めに浮いたことを修正したい」と、反省の言葉が口をついた。

 静岡の聖隷クリストファー高からドラフト1位で入団して4年目。鈴木は真っすぐ前を見て、「入団して1勝もしていない。期待に応えられていない。今年は結果を残さないといけません」と言った。

 昨年のキャンプは直球が130キロ台前半にとどまるなど、存在をアピールできなかった。今年は140キロを超え、ボールのキレが増している。昨季途中から投球時に踏み出す左足がインステップし、左肩が開くクセを解消するため、フォーム改造。一軍に帯同している朝倉二軍投手コーチも、「秋からやってきたことが実を結んできていると思う」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事