京田、遠藤も…中日逆襲のカギはスーパーカートリオ結成

公開日: 更新日:

「若手の成長があってこそだが、足が使える選手が上位に並ぶ打線が組めれば今年の中日は面白くなる」

 とは、さる中日OB。

「高い走力で首脳陣も評価するドラフト2位新人の京田(日大)、外野転向して打撃でアピールをしつづける3年目の遠藤あたりがレギュラーに割って入ってくれば、大島を加えて1~3番に足が使える選手を並べることができる。昔の大洋(DeNA)の『スーパーカートリオ』ではないが、盗塁数の増加はもちろん、相手守備陣がジャッグルした際に次の塁を瞬時に狙うなど、隙をついた攻撃につながる。ビシエド、ゲレーロ、平田と長打のある選手がいるので、中日の得点力は間違いなく上がるはずです」

 15日から毎日のように組まれている練習試合で、足にどこまで磨きをかけられるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  2. 2

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  3. 3

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  4. 4

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  5. 5

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  6. 6

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  7. 7

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  8. 8

    ケガ人続出でも首位 ソフトB支える育成出身「低年俸選手」

  9. 9

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  10. 10

    定年後の健康保険0円に“秘策” 扶養入りという第4の選択肢

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る