ハム守護神・増井が語る プレミア12の敗因と国際大会の罠

公開日:

 昨季、先発でも結果を残すなど、経験豊富な日本ハムの守護神、増井浩俊(32)。WBC球の対処法と継投失敗によって3位に終わった15年「プレミア12」の苦い敗戦から得たものを振り返ってもらった。

――フォークが武器。WBC球はNPB球と違い、フォークが抜けやすいといわれる。

「すっぽ抜けないように握りを改良しました。NPB球は縫い目を外して革のところに指を置いているんですけど、WBC球では革の部分がツルッといってしまう。縫い目に指を置き、抜けないようにしているので、今のところは問題ないです」

――縫い目にかけることで落ち方に変化はある?

「自分としては、とにかく落ちてくれればいい。変化の仕方も問題ないですし、これでいけるかなという感じです」

――WBCでの役割は、当初は第2先発という話があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る