• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

たった4日間の合宿で表面化 WBC日本代表“不安極まる内情”

「僕は正直、(打順を)聞かされていないので」

 さる24日、合宿2日目のことである。小久保監督が本番までの実戦5試合で「筒香を4番に固定する」と明言した直後、報道陣に囲まれた稲葉打撃コーチが少し驚いた表情でそう言ったのだ。

■筒香4番を知らされていなかったコーチ陣

 小久保監督が同時に発表した25日のソフトバンク戦の先発メンバーに関しても、「打順に関しては監督が決める。(自分は)報告を聞くだけですから」と稲葉コーチ。最終決定は監督が下すにしても、その過程でコーチの考えを聞き、意見を交わす――そうした意思の疎通ができていない。そんな懸念がたった4日間の強化合宿で早くも表面化したのだ。

「強化合宿に入ってから突然、守ったことのないポジションの準備をしてほしいと言われた選手もいる。やれと言われた場所でどこでもやる、という意気込みが選手にあっても、所属球団のキャンプ期間中に『準備しておいてくれ』と伝えていれば少しは練習できたはず。なんのために小久保監督は全12球団のキャンプを視察したのか。選手の中にも、監督とのコミュニケーション不足を不安視する連中がいますよ」(球界OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る