“4タコ”ベイ筒香の調整遅れ WBC出場2度の岩村氏も心配

公開日:  更新日:

 絵に描いたような「ダボハゼ」だった。

 17日、DeNAの筒香嘉智(25)が今キャンプ初の練習試合(ヤクルト戦)に「4番DH」として出場。結果は4タコだった。

 中でも外角の変化球に面白いようにバットが回り、初回から3打席連続三振。ホームベースの手前でワンバウンドするボールこそ振らなかったものの、肩の高さの直球を空振りするなど、らしくない内容だった。

 昨季は44本塁打、110打点で2冠を達成。WBCでも日本代表の主砲として期待が高い。それだけに、対外試合初戦ということを差し引いても、心配する声が出てくるのも無理はない。

 筒香が言う。

「打席ごとに感覚が良くなってきた。まだこれからです。試合の中で修正していければいい。バットのバランスを変えたこと? いろいろ微調整中です。オフから試合をするのも今日が初めてなので、これからですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る