WBCカヤの外も…日ハム大谷の「逆方向意識」はケガの功名

公開日: 更新日:

 右足首負傷による調整遅れでWBC出場がかなわなかった日本ハム大谷翔平(22)。キャンプで目立っていたのが、左方向への打球だ。

「いろいろと意識する中でそうなった」

 と、話した大谷。左打者が引っ張るには、右足で強く踏ん張らなければいけない。それをしないのは、右足首のケガが打撃にも影響しているとみるのが自然だろう。流し打ちならば、右足首への負担は少ないからだ。

 だからといって、大谷の打撃に陰りが出るわけではない。むしろ、流し打ちが増えることで成績がさらに向上する可能性が高いという。

 昨季、大谷が打った22本塁打中、最も多かったのが左方向への10本。センター越えも5本と、引っ張るよりも本塁打の確率が高い。

「大谷の打撃練習は、主砲の中田ですら目を丸くするほど。パワーとスイングスピードがケタ違いなので、一見、合わせにいったようなレフトフライのような打球でも、軽々とフェンスを越える。引っ張った打球は強烈なラインドライブのかかったライナー性の当たりが多いから、打球が上がりにくい」(球団OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  6. 6

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  7. 7

    徳勝龍の相撲人生を変えた大横綱・北の湖親方からの助言

  8. 8

    東出昌大と不倫の唐田えりか ドラマ出演シーン削除の余波

  9. 9

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  10. 10

    #MeTooに参加 インリンさんがセクシーを発信し続ける理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る