• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

WBCカヤの外も…日ハム大谷の「逆方向意識」はケガの功名

 右足首負傷による調整遅れでWBC出場がかなわなかった日本ハムの大谷翔平(22)。キャンプで目立っていたのが、左方向への打球だ。

「いろいろと意識する中でそうなった」

 と、話した大谷。左打者が引っ張るには、右足で強く踏ん張らなければいけない。それをしないのは、右足首のケガが打撃にも影響しているとみるのが自然だろう。流し打ちならば、右足首への負担は少ないからだ。

 だからといって、大谷の打撃に陰りが出るわけではない。むしろ、流し打ちが増えることで成績がさらに向上する可能性が高いという。

 昨季、大谷が打った22本塁打中、最も多かったのが左方向への10本。センター越えも5本と、引っ張るよりも本塁打の確率が高い。

「大谷の打撃練習は、主砲の中田ですら目を丸くするほど。パワーとスイングスピードがケタ違いなので、一見、合わせにいったようなレフトフライのような打球でも、軽々とフェンスを越える。引っ張った打球は強烈なラインドライブのかかったライナー性の当たりが多いから、打球が上がりにくい」(球団OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る