• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

NPB球で打撃練習…侍J実戦初勝利に覆い隠された不安材料

「こんな状態で青木を迎えたら余計にプレッシャーがかかる。いい状態で迎えてやらんと、あいつには酷ですから」

 1日の台湾プロ選抜との壮行試合前、WBC日本代表の小久保監督がこう言った。

 2日に唯一のメジャーリーガーである青木が合流するが、7日のキューバとの開幕戦まで1週間。これまで「選手を信じている」と言い続けてきた指揮官も、過去3大会で一度もなかった練習試合の連敗スタートに焦りを感じ、じっとしていられなくなったようなのだ。

 同じく試合前には打撃不振の中田が、「性格的に打たないといけないと思っちゃうところはある。あとはもう、みなさんの勝手な判断で好きなように書いてください」とイライラを隠そうとしなかった。

 小久保監督はさらにキャンプ中にふくらはぎを痛めて調整が遅れている捕手の嶋についても言及。「今の状態ではしんどい。これから(ペースを)上げた状態でどうか、本人と話をして。新しい選手を入れ替えるとしても3番手捕手なので、焦らずに状態を見たい。出られる状態なら、そのまま登録する」と場合によっては代替選手を緊急招集する考えを明かした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  10. 10

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

もっと見る