大谷不在の損失100億円 WBC日本代表は試合以外も大苦戦

公開日:

「こんなもんでしょうね」

 テレビ関係者の声にも力がなかった。

 25日に行われた侍ジャパンとソフトバンクによるオープニングマッチの視聴率がわずか5%ちょっと(TBS系列)にとどまったというのだ。冒頭の関係者が言う。

「一昨年の『プレミア12』の敗退によって小久保監督率いる日本代表に対する期待が薄れている上に、超目玉選手だった大谷翔平(日本ハム)が出場辞退することになった。しかも、ソフトバンクとの試合は4安打での完封負けと打線が全く元気がなかったのですから、致し方ないというか……。ただ、土曜の昼に放送するゴルフ中継と大差がないというのは、いくら視聴者が外出してお茶の間にいない時間帯とはいっても、4年に1回のお祭りの“初戦”としては寂しい気がします」

 実戦2試合目となる28日の台湾プロ選抜戦も集客に苦戦したようだ。この日の観客動員は2万2477人。スタンドは空席が目立ち、大入り満員とはいかなかった。きょう1日の同戦のチケットも、きのうの時点でかなりの残席がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る