日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大谷不在の損失100億円 WBC日本代表は試合以外も大苦戦

「こんなもんでしょうね」

 テレビ関係者の声にも力がなかった。

 25日に行われた侍ジャパンとソフトバンクによるオープニングマッチの視聴率がわずか5%ちょっと(TBS系列)にとどまったというのだ。冒頭の関係者が言う。

「一昨年の『プレミア12』の敗退によって小久保監督率いる日本代表に対する期待が薄れている上に、超目玉選手だった大谷翔平(日本ハム)が出場辞退することになった。しかも、ソフトバンクとの試合は4安打での完封負けと打線が全く元気がなかったのですから、致し方ないというか……。ただ、土曜の昼に放送するゴルフ中継と大差がないというのは、いくら視聴者が外出してお茶の間にいない時間帯とはいっても、4年に1回のお祭りの“初戦”としては寂しい気がします」

 実戦2試合目となる28日の台湾プロ選抜戦も集客に苦戦したようだ。この日の観客動員は2万2477人。スタンドは空席が目立ち、大入り満員とはいかなかった。きょう1日の同戦のチケットも、きのうの時点でかなりの残席がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事