• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

稀勢の里は大丈夫? 元横綱2人が“重圧対策”をアドバイス

 大先輩たちの言葉は新横綱に届くか。

 12日に初日を迎えた大相撲3月場所。新横綱の稀勢の里(30)は盤石の相撲で豪風に勝利、順調な滑り出しを見せた。

 もっとも、現在の年6場所になって以降、優勝した新横綱は3人しかいない。このまますんなりいくとは思えないが、そんな稀勢の里にとって参考になりそうなのが、相撲協会の重鎮、八角理事長(53=元横綱北勝海)と芝田山副理事(54=元横綱大乃国)の経験談だ。

 八角理事長は「自分がしてきた稽古を信じることです」と、こう話す。

「私が横綱に昇進したのは23歳。稀勢の里よりも若かっただけに、プレッシャーは相当ありましたよ。支えになったのは稽古です。当時はプレッシャーに負けまいと、ひたすら汗を流した。稽古して稽古して、『もうこれ以上やっても仕方がない』というくらい、ひたすら稽古をした。『これだけやったんだから、負けても悔いはない』と自分を納得させるまでやったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  7. 7

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

  8. 8

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  9. 9

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  10. 10

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

もっと見る