稀勢の里は大丈夫? 元横綱2人が“重圧対策”をアドバイス

公開日: 更新日:

 大先輩たちの言葉は新横綱に届くか。

 12日に初日を迎えた大相撲3月場所。新横綱の稀勢の里(30)は盤石の相撲で豪風に勝利、順調な滑り出しを見せた。

 もっとも、現在の年6場所になって以降、優勝した新横綱は3人しかいない。このまますんなりいくとは思えないが、そんな稀勢の里にとって参考になりそうなのが、相撲協会の重鎮、八角理事長(53=元横綱北勝海)と芝田山副理事(54=元横綱大乃国)の経験談だ。

 八角理事長は「自分がしてきた稽古を信じることです」と、こう話す。

「私が横綱に昇進したのは23歳。稀勢の里よりも若かっただけに、プレッシャーは相当ありましたよ。支えになったのは稽古です。当時はプレッシャーに負けまいと、ひたすら汗を流した。稽古して稽古して、『もうこれ以上やっても仕方がない』というくらい、ひたすら稽古をした。『これだけやったんだから、負けても悔いはない』と自分を納得させるまでやったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  5. 5

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  6. 6

    「恋つづ」佐藤健に挑む上白石萌音が宮崎美子に見えるワケ

  7. 7

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  8. 8

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  9. 9

    為末大と大迫傑が噛みついた「箱根駅伝」解体の“Xデー”

  10. 10

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る