稀勢の里は大丈夫? 元横綱2人が“重圧対策”をアドバイス

公開日:  更新日:

 大先輩たちの言葉は新横綱に届くか。

 12日に初日を迎えた大相撲3月場所。新横綱の稀勢の里(30)は盤石の相撲で豪風に勝利、順調な滑り出しを見せた。

 もっとも、現在の年6場所になって以降、優勝した新横綱は3人しかいない。このまますんなりいくとは思えないが、そんな稀勢の里にとって参考になりそうなのが、相撲協会の重鎮、八角理事長(53=元横綱北勝海)と芝田山副理事(54=元横綱大乃国)の経験談だ。

 八角理事長は「自分がしてきた稽古を信じることです」と、こう話す。

「私が横綱に昇進したのは23歳。稀勢の里よりも若かっただけに、プレッシャーは相当ありましたよ。支えになったのは稽古です。当時はプレッシャーに負けまいと、ひたすら汗を流した。稽古して稽古して、『もうこれ以上やっても仕方がない』というくらい、ひたすら稽古をした。『これだけやったんだから、負けても悔いはない』と自分を納得させるまでやったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る