• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“空手界のきゃりー”植草歩が明かした挫折から復活まで

 9日、日本生命のイベントに女子空手の植草歩(24=高栄警備保障)が出席した。昨年10月の世界選手権女子組手68キロ超級で金メダル、12月の全日本選手権では2連覇を達成。空手が東京五輪の追加種目となり、メダルが期待されている。

「空手界のきゃりーぱみゅぱみゅ」と呼ばれることについて「言われ始めた頃はまだ結果を出していなかったので恥ずかしくて悔しかった」と葛藤しながらも、「空手が注目してもらえる環境ができた。今の小中学生が大きくなった頃に他のスポーツと同じような状況になったらと思って、SNSを使って交流しています」とイマドキの方法で広報活動を続けている。

 現在、会社で社長秘書を務めている植草は6年前、「普通の女の子」に戻るつもりだった。

「大学1年のときは本当にしんどかった。高校でタイトルも取って満足する自分がいる中で、周りの友達は髪を染めたりオシャレをしたり。羨ましくて、空手はもういいと思いながら帝京大学に入りました。帝京は日本一や世界一を目指す人たちの集団で、中途半端な自分が行くような場所じゃなかった。やめようとしたらコーチから『あと1週間だけやってみない?』と。『あと1週間でやめられる』という気持ちでやったら練習についていけるようになり、『もう1週間』と延長していくうち、インカレで2位になった。弱い自分から抜け出せた第一歩でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  9. 9

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る