“空手界のきゃりー”植草歩が明かした挫折から復活まで

公開日:  更新日:

 9日、日本生命のイベントに女子空手の植草歩(24=高栄警備保障)が出席した。昨年10月の世界選手権女子組手68キロ超級で金メダル、12月の全日本選手権では2連覇を達成。空手が東京五輪の追加種目となり、メダルが期待されている。

「空手界のきゃりーぱみゅぱみゅ」と呼ばれることについて「言われ始めた頃はまだ結果を出していなかったので恥ずかしくて悔しかった」と葛藤しながらも、「空手が注目してもらえる環境ができた。今の小中学生が大きくなった頃に他のスポーツと同じような状況になったらと思って、SNSを使って交流しています」とイマドキの方法で広報活動を続けている。

 現在、会社で社長秘書を務めている植草は6年前、「普通の女の子」に戻るつもりだった。

「大学1年のときは本当にしんどかった。高校でタイトルも取って満足する自分がいる中で、周りの友達は髪を染めたりオシャレをしたり。羨ましくて、空手はもういいと思いながら帝京大学に入りました。帝京は日本一や世界一を目指す人たちの集団で、中途半端な自分が行くような場所じゃなかった。やめようとしたらコーチから『あと1週間だけやってみない?』と。『あと1週間でやめられる』という気持ちでやったら練習についていけるようになり、『もう1週間』と延長していくうち、インカレで2位になった。弱い自分から抜け出せた第一歩でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る