• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ロイヤルズ痛手 WBCベネズエラ代表捕手ペレスが負傷離脱

 WBCベネズエラ代表でロイヤルズの正捕手サルバドーレ・ペレス(26)が故障で離脱である。

 ロイヤルズのネッド・ヨスト監督は13日(日本時間14日)、ペレスがD組1次ラウンドが行われているメキシコからキャンプ地アリゾナ州サプライズに戻ると発表した。

 代表チームでも正捕手を務めていたペレスは11日のイタリア戦の九回の守備でロイヤルズの同僚ビュテラ捕手と本塁上で交錯し、左膝負傷で退場。12日のメキシコ戦を欠場していた。

 ヨスト監督によれば、ペレスはメキシコで左足をほとんど動かせない状態だったそうで、14日にもMRI検査を受ける予定。メジャーを代表する捕手の負傷にヨスト監督は「おそらく95%の確率でプレーできないだろう。残りの5%に望みを託すしかない」と話した。

 ロイヤルズは今大会、控え選手を含め6人の選手を各国代表に派遣している。正捕手の故障でア・リーグ中地区の強豪は次回から選手を出し渋りしかねない。

 そのベネズエラは13日、2次ラウンド進出をかけてイタリアとプレーオフで対戦。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  9. 9

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る