極貧打線のおかげで…巨人ドラ1吉川“ぶっつけ開幕”急浮上

公開日:

 11、12日のオープン戦2試合連続で1安打に終わった巨人。WBCを戦う侍ジャパンに坂本、小林の野手2人を派遣し、若手を中心に起用している事情を差し引いても、深刻な状況である。高橋由伸監督(41)は「打ってくれないと困る。こちらが悪いのか……」と頭を抱えている。

 貧打にあえいだここ2年はV逸。野手では陽岱鋼やマギーらを大補強して臨むシーズンだけに、2年目を迎える指揮官が不安にさいなまれるのも無理はない。そんな中、合流が待たれるのが、ドラフト1位ルーキーの吉川尚輝(22=中京学院大)だ。

「上半身のコンディション不良」のため、キャンプは三軍。これまでひっそりとリハビリと調整を進めてきた。すでに実戦デビューは済んでいるが、12日の二軍戦で初の遊撃守備に就いた。13日は玉川大との三軍戦に「1番・遊撃」で出場。3打数1安打だった。今週の二軍戦2試合に出場し、ゴーサインが出れば、いよいよ初一軍という青写真。今月に入り、ドラフト7位のリャオを筆頭に新人投手が一軍に顔見せ昇格しているが、高橋監督や村田ヘッドコーチが「早く見たい」と斎藤二軍監督に要望しているのが、この吉川尚だという。こちらは顔見せではない。打力や持ち味の俊足を生かした得点力を期待され、正二塁手候補としてアテにされているというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  6. 6

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る