守護神争いと外国人枠が混沌…巨人・澤村“1球退場”の波紋

公開日: 更新日:

 巨人の新外国人投手が投げるたびに評価を上げている。守護神候補のアルキメデス・カミネロ(29)である。

 5日の日本ハムとのオープン戦で登板し、最速155キロ。1回を無安打無失点に抑えた。来日当初はノーコン病がささやかれたものの、高橋由伸監督(41)は「制球? 思いのほか、まとまってボールに力がある。守護神? そこは競争してもらいたいと思って最初から期待している」と信頼度もうなぎ上りなのだ。

 他球団のあるスコアラーは「由伸監督は外国人枠をどう使うんでしょうかね。カナダ代表でWBCに参戦中のマシソンは鉄板とみています。カミネロが二軍へ行くと思っていたけどかなりいい。球は速いし、もっと荒れるとみていたのに、思ったよりストライクゾーンにくる。もったいないですね」と言う。5日の試合で2安打完封負けを食らった相変わらずの貧打線だけに、マギー、ギャレット、クルーズの助っ人野手も入れたいところ。一方で投手のマシソン、先発のマイコラスも順調。そこにカミネロが絡み、「4枠」の争いは大混戦になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る