守護神争いと外国人枠が混沌…巨人・澤村“1球退場”の波紋

公開日:  更新日:

 巨人の新外国人投手が投げるたびに評価を上げている。守護神候補のアルキメデス・カミネロ(29)である。

 5日の日本ハムとのオープン戦で登板し、最速155キロ。1回を無安打無失点に抑えた。来日当初はノーコン病がささやかれたものの、高橋由伸監督(41)は「制球? 思いのほか、まとまってボールに力がある。守護神? そこは競争してもらいたいと思って最初から期待している」と信頼度もうなぎ上りなのだ。

 他球団のあるスコアラーは「由伸監督は外国人枠をどう使うんでしょうかね。カナダ代表でWBCに参戦中のマシソンは鉄板とみています。カミネロが二軍へ行くと思っていたけどかなりいい。球は速いし、もっと荒れるとみていたのに、思ったよりストライクゾーンにくる。もったいないですね」と言う。5日の試合で2安打完封負けを食らった相変わらずの貧打線だけに、マギー、ギャレット、クルーズの助っ人野手も入れたいところ。一方で投手のマシソン、先発のマイコラスも順調。そこにカミネロが絡み、「4枠」の争いは大混戦になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  6. 6

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る