日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

守護神争いと外国人枠が混沌…巨人・澤村“1球退場”の波紋

 巨人の新外国人投手が投げるたびに評価を上げている。守護神候補のアルキメデス・カミネロ(29)である。

 5日の日本ハムとのオープン戦で登板し、最速155キロ。1回を無安打無失点に抑えた。来日当初はノーコン病がささやかれたものの、高橋由伸監督(41)は「制球? 思いのほか、まとまってボールに力がある。守護神? そこは競争してもらいたいと思って最初から期待している」と信頼度もうなぎ上りなのだ。

 他球団のあるスコアラーは「由伸監督は外国人枠をどう使うんでしょうかね。カナダ代表でWBCに参戦中のマシソンは鉄板とみています。カミネロが二軍へ行くと思っていたけどかなりいい。球は速いし、もっと荒れるとみていたのに、思ったよりストライクゾーンにくる。もったいないですね」と言う。5日の試合で2安打完封負けを食らった相変わらずの貧打線だけに、マギー、ギャレット、クルーズの助っ人野手も入れたいところ。一方で投手のマシソン、先発のマイコラスも順調。そこにカミネロが絡み、「4枠」の争いは大混戦になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事