キューバ戦で“一発病”再発…菅野の課題を門倉健氏が分析

公開日:  更新日:

「菅野本来の投球じゃありませんでしたね。一番の要因はスライダーに頼り過ぎたことです」

 投手として横浜、巨人などで活躍した評論家の門倉健氏がこう言った。

 14日、キューバ戦に先発したエースの菅野智之(27)は先制した直後の二回、グラシアルに逆転の2ランを被弾。同点に追いついた後の四回にも3本の安打で2死満塁とされ、9番メサに適時打を浴びて2点を失った。80球の球数制限がある中、「最低5回は投げないと。できれば6回」と話していたが、4回74球7安打4失点で降板した。門倉氏が続ける。

「本塁打を浴びたのは甘く入ったスライダー。バッテリーの傾向をキューバ打線に研究されていたのでしょう。完全にスライダーを狙われていました。本来、菅野のスライダーは切るようなカット系の鋭さがある。しかし、ボールが滑る分、球離れが早い。カーブのように大きく曲がってしまい、一番本塁打になりやすい肩口から真ん中という軌道になってしまった。150キロを超える直球をもっと内角に見せるべきでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る