• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今季は“1.5刀流”か ハム大谷「先発15試合限定」プラン

 右足首の故障で出遅れていた日本ハムの大谷翔平(22)が、14日のオープン戦(対DeNA)に初出場した。

 右中間スタンドへの特大本塁打を含む2安打を放てば、四回には本塁へ滑り込むシーンも。痛めた右足首は問題なさそうだし、栗山監督は投手としての調整も始めると話している。投手としても開幕に間に合う可能性を指摘した新聞も中にはあるが、実際問題としてどうか。

 大谷は昨季、シーズン途中で約2カ月間、野手に専念した。その間、ブルペンで投げ込んでいたにもかかわらず、先発として万全な状態で投げられるようになるのに数週間を要した。最初は先発して2イニング、次は中5日で5イニングを投げてから、ようやくソフトバンクとの首位決戦に臨んだ。

 今回はまだ、本格的なブルペン投球すら始めていない。栗山監督は肩は出来ているので仕上がりは早いと話しているらしいが、投手にとって何より重要なのは下半身。右足首に不安を抱える大谷は、その下半身の鍛錬が十分ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  2. 2

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  3. 3

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

  7. 7

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  8. 8

    遺族の感情逆なで 堀内議員“高プロ”強行採決で大ハシャギ

  9. 9

    日ロ会談は成果ゼロ プーチンに見切られた安倍首相の末路

  10. 10

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

もっと見る