• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

有望中学生が集団亡命 野球大国キューバ「国技消滅」の危機

 昨年7月29日~8月7日、福島で15歳以下が集う野球の世界大会「第3回WBSC U-15ベースボールワールドカップ」が行われ、日本、韓国、米国、パナマ、ベネズエラ、キューバなど計12カ国・地域が参加。

 中学生目当てに、なんと10球団以上のメジャースカウトが訪れたというから青田買いの凄まじさを物語っている。

「球団からは主にキューバとベネズエラの選手を見て欲しいという注文があった」とは、ナ・リーグ東地区球団のさるスカウトだが、大会後にさらに仰天する事件が起きていた。

「優勝したキューバチームの選手17人が亡命したのです。もちろんエージェント(代理人)の手引き。彼らは米国の高校に通うことになる。米国の高校を卒業すれば、ドラフトの対象になるし、仮にドラフトされなくても米社会で生活する基盤ができますからね」(前出のスカウト)

 06年の第1回大会で日本と優勝を争ったキューバも、今回で3大会連続2次ラウンド敗退。メジャーを目指して亡命する選手が後を絶たないことが原因といわれるが、有望な中学生までゴッソリいなくなっては弱体化も当然か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る