侍J準決勝で米国に敗退…貧打拙守で投手陣の好投フイに

公開日:  更新日:

 決戦の地、ロサンゼルスはあいにくの雨模様。きょう22日の米国との準決勝は、肌寒さを感じる気温16度、湿度87%の悪条件の中で始まった。

 が、これが日本代表投手陣に味方した。先発のエース・菅野が6回を3安打1失点に抑える好投。試合前に「湿気があるので、投手は間違いなく投げやすい」と話していた通り、滑りやすいとされるWBC球が、降り続いた雨と高い湿度のおかげで自在のコントロールを可能にした。

 95球の球数制限がある中、菅野は6回を81球。そのうち、ストライクは49球を数え、アメリカの強力打線を相手に6三振を奪って試合のリズムをつくった。

 七回からマウンドに上がった千賀も圧巻の投球を披露。最速154キロの速球に「お化け」と称されるフォークで、いきなり3者連続三振の快投でドジャースタジアムの観客の度肝を抜いた。千賀は八回の先頭打者も三振に打ち取り、4者連続三振。再び、スタンドを沸かせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  10. 10

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

もっと見る