• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

侍J準決勝で米国に敗退…貧打拙守で投手陣の好投フイに

 決戦の地、ロサンゼルスはあいにくの雨模様。きょう22日の米国との準決勝は、肌寒さを感じる気温16度、湿度87%の悪条件の中で始まった。

 が、これが日本代表投手陣に味方した。先発のエース・菅野が6回を3安打1失点に抑える好投。試合前に「湿気があるので、投手は間違いなく投げやすい」と話していた通り、滑りやすいとされるWBC球が、降り続いた雨と高い湿度のおかげで自在のコントロールを可能にした。

 95球の球数制限がある中、菅野は6回を81球。そのうち、ストライクは49球を数え、アメリカの強力打線を相手に6三振を奪って試合のリズムをつくった。

 七回からマウンドに上がった千賀も圧巻の投球を披露。最速154キロの速球に「お化け」と称されるフォークで、いきなり3者連続三振の快投でドジャースタジアムの観客の度肝を抜いた。千賀は八回の先頭打者も三振に打ち取り、4者連続三振。再び、スタンドを沸かせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  2. 2

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  9. 9

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る