モンゴル勢の怒り増幅 稀勢の里を病院送りにした“真犯人”

公開日: 更新日:

 貴乃花親方がつい、うっかり、白鵬が戻っていないことに気付かなかっただけなら笑い話で済むかもしれない。しかし、どうやら、そうではなかったらしい。くだんの親方がこう言うのだ。

「なんでも巡業中のバスでは貴乃花親方の座る席が決まっているそうだが、あるとき、その席に白鵬がデンと座って、ふんぞり返っていたらしい。それが貴乃花親方の逆鱗に触れたというんだな。その意趣返しじゃないかともっぱらさ。白鵬が置き去りにされたときも、貴乃花親方はまだ戻ってこないのを知りつつ、運転手に出発するよう指示したそうだからね。この事件以来、白鵬の気持ちは完全に貴乃花親方から離れ、いまや犬猿の仲だっていうよ」

 白鵬は優勝37回の記録を持ち、横綱として現役力士の頂点に位置すると同時に、いわばモンゴル勢のボスだ。本人はもちろん、日馬富士や鶴竜の両横綱をはじめとするモンゴル勢にとって「置いてけぼり事件」は屈辱以外の何物でもなかったに違いない。このときの一件をきっかけに、執拗な日本人横綱待望論でくすぶっていたモンゴル勢の怒りは倍増、矛先は稀勢の里ひとりに集中するようになったともいわれる。

 そんなモンゴル勢を向こうに回して春場所を制した稀勢の里はあっぱれというしかないが、今後も貴乃花親方のおかげで怒りが増幅したモンゴル勢を相手に戦っていかなければならないのだから大変だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  6. 6

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  9. 9

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  10. 10

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る