• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3月場所の鬼門 稀勢の里を襲う“タブーなき”モンゴル相撲

「マジメな男。だからこそ心配です」

 ある親方は、そう言って顔をしかめる。

 1日から稽古を再開した横綱稀勢の里(30)。ここ1週間は昇進に伴う行事に追われ、この日は相撲を取らず、軽く体を動かすだけにとどめた。待望の和製横綱には、普段相撲を取材しないメディアも集結。「知らない顔が多いね」と、40人超の報道陣に苦笑いするも、「いい相撲を見せるのが仕事だから。しっかり稽古をするだけです」と続けた。

 当然、3月場所で期待されるのは優勝の2文字。性格が性格だけに、琴奨菊のように初優勝で浮かれ、稽古をおろそかにすることはないだろう。となれば、最大の敵はやはり、復権をかけるモンゴル人3横綱ではないか。

 この3人は、いずれも「衰えが顕著」といわれ、白鵬すらも先場所の14日目には平幕の貴ノ岩に敗れ、千秋楽では稀勢の里にも歯が立たなかった。だからといって、そう簡単に2場所連続で賜杯を許すほど、彼らは甘くない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る