• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

37歳で初賜杯の親方語る 稀勢の里“30歳から伸びる”の根拠

 昔だったら「高齢横綱」「オイボレ力士」と呼ばれていただろう。

 三十路を迎えてから最高位に昇進した稀勢の里(30)。3月場所3日目の14日は、貴ノ岩を危なげない相撲で押し出して3連勝を飾った。本人は1月場所後の会見で「体も気持ちも元気。まだまだ強くなると思っている」と話し、スポーツ紙に寄せた手記でも「自分は昔から体つきが5、6歳若い。今は25歳だと思っている」とつづっていた。

 が、それでも30歳という年齢は動かしようがない。年6場所制となった1958年以降、30歳を過ぎて昇進した横綱は4人。長く土俵を務めた者はおらず、最長は稀勢の里の師匠だった隆の里の15場所。最短は琴桜と三重ノ海の8場所だ。

■角界にも高齢化の波?

 新横綱に年齢の不安はないか。日刊ゲンダイは稀勢の里の兄弟子で、田子ノ浦部屋の部屋付き親方でもある西岩親方(元関脇若の里)に話を聞くと、「本人は25歳と言っている?うーん……それくらいの気持ちでやりたい、ということじゃないですか。やはりそこは30歳ですからね」と、苦笑い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

もっと見る