37歳で初賜杯の親方語る 稀勢の里“30歳から伸びる”の根拠

公開日:  更新日:

 昔だったら「高齢横綱」「オイボレ力士」と呼ばれていただろう。

 三十路を迎えてから最高位に昇進した稀勢の里(30)。3月場所3日目の14日は、貴ノ岩を危なげない相撲で押し出して3連勝を飾った。本人は1月場所後の会見で「体も気持ちも元気。まだまだ強くなると思っている」と話し、スポーツ紙に寄せた手記でも「自分は昔から体つきが5、6歳若い。今は25歳だと思っている」とつづっていた。

 が、それでも30歳という年齢は動かしようがない。年6場所制となった1958年以降、30歳を過ぎて昇進した横綱は4人。長く土俵を務めた者はおらず、最長は稀勢の里の師匠だった隆の里の15場所。最短は琴桜と三重ノ海の8場所だ。

■角界にも高齢化の波?

 新横綱に年齢の不安はないか。日刊ゲンダイは稀勢の里の兄弟子で、田子ノ浦部屋の部屋付き親方でもある西岩親方(元関脇若の里)に話を聞くと、「本人は25歳と言っている?うーん……それくらいの気持ちでやりたい、ということじゃないですか。やはりそこは30歳ですからね」と、苦笑い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る