開幕戦負け越しの阪神 拙攻拙守で糸井の本塁打もパーに

公開日:  更新日:

 これが甲子園なら、どんな罵詈雑言を浴びせられたことか。

 阪神は広島との開幕カードを1勝2敗で負け越し。3試合で被安打36、24失点は、ノーコン投手の22四死球と、野手の8失策も大きな原因だった。2日の試合も5与四死球。七回には1死満塁のピンチに右翼の福留が2点適時エラーをすれば、八回には1死一塁で北條が平凡なゴロをファンブル。失策は記録されなかったものの併殺を取り損ねた。

 昨季阪神の97失策はリーグワースト。10捕逸は同タイ。金本監督はキャンプで守備練習に力を入れるとともに、接戦で1点を取るための重要性も選手に説いた。

 ケース打撃では、1死一、三塁からセーフティースクイズやスクイズ、エンドランのサインをよく出したが、これでは1点の重要性を浸透させる以前の問題。

 1日の球審は、ストライク、ボールの判定が辛かったこともあるが、それにしても13四球はひどい。3試合で8失策の野手は、攻撃ではバントミスはするし、この日は4併殺の拙攻だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る