• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

開幕戦負け越しの阪神 拙攻拙守で糸井の本塁打もパーに

 これが甲子園なら、どんな罵詈雑言を浴びせられたことか。

 阪神は広島との開幕カードを1勝2敗で負け越し。3試合で被安打36、24失点は、ノーコン投手の22四死球と、野手の8失策も大きな原因だった。2日の試合も5与四死球。七回には1死満塁のピンチに右翼の福留が2点適時エラーをすれば、八回には1死一塁で北條が平凡なゴロをファンブル。失策は記録されなかったものの併殺を取り損ねた。

 昨季阪神の97失策はリーグワースト。10捕逸は同タイ。金本監督はキャンプで守備練習に力を入れるとともに、接戦で1点を取るための重要性も選手に説いた。

 ケース打撃では、1死一、三塁からセーフティースクイズやスクイズ、エンドランのサインをよく出したが、これでは1点の重要性を浸透させる以前の問題。

 1日の球審は、ストライク、ボールの判定が辛かったこともあるが、それにしても13四球はひどい。3試合で8失策の野手は、攻撃ではバントミスはするし、この日は4併殺の拙攻だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る