• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

投壊危機の巨人 育成契約・高木京に噂される早期一軍復帰

 巨人選手内で今、こんなことが囁かれている。

「京介、チャンスあるよな」「いや、マジで4月中にも支配下登録されるんじゃない?」「再契約後にトレードなんて話もあったけど、出せないでしょ、今の状況じゃ」

 野球賭博に関与して受けた1年間の失格処分が明け、育成選手として巨人復帰が決まった高木京介(27)には、1年間のブランクがある。高橋監督が「プレーを見て、その先どうなるか」と慎重になるのは当然だが、選手は早期の一軍復帰を予想しているのだ。

 それだけ、今のチーム状況がメチャクチャということだろう。オープン戦を最下位で終えた巨人のチーム防御率は、12球団でワースト2位となる4.27。これが、リリーフ陣に限ると、5・53とさらに跳ね上がる。

 昨季37セーブでタイトルを取った沢村(28)が右肩痛で離脱。巨人OBによれば「イップスのウワサも出ていて、開幕絶望はもちろん、復帰のメドが立っていない」という深刻な状況だ。その沢村の穴を埋める救世主として期待が高まる、164キロ右腕の新助っ人カミネロ(29)もしかし、オープン戦で対戦した某選手がこんな感想を漏らすから不安が募る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る