投壊危機の巨人 育成契約・高木京に噂される早期一軍復帰

公開日:

 巨人選手内で今、こんなことが囁かれている。

「京介、チャンスあるよな」「いや、マジで4月中にも支配下登録されるんじゃない?」「再契約後にトレードなんて話もあったけど、出せないでしょ、今の状況じゃ」

 野球賭博に関与して受けた1年間の失格処分が明け、育成選手として巨人復帰が決まった高木京介(27)には、1年間のブランクがある。高橋監督が「プレーを見て、その先どうなるか」と慎重になるのは当然だが、選手は早期の一軍復帰を予想しているのだ。

 それだけ、今のチーム状況がメチャクチャということだろう。オープン戦を最下位で終えた巨人のチーム防御率は、12球団でワースト2位となる4.27。これが、リリーフ陣に限ると、5・53とさらに跳ね上がる。

 昨季37セーブでタイトルを取った沢村(28)が右肩痛で離脱。巨人OBによれば「イップスのウワサも出ていて、開幕絶望はもちろん、復帰のメドが立っていない」という深刻な状況だ。その沢村の穴を埋める救世主として期待が高まる、164キロ右腕の新助っ人カミネロ(29)もしかし、オープン戦で対戦した某選手がこんな感想を漏らすから不安が募る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る