投壊危機の巨人 育成契約・高木京に噂される早期一軍復帰

公開日: 更新日:

 巨人選手内で今、こんなことが囁かれている。

「京介、チャンスあるよな」「いや、マジで4月中にも支配下登録されるんじゃない?」「再契約後にトレードなんて話もあったけど、出せないでしょ、今の状況じゃ」

 野球賭博に関与して受けた1年間の失格処分が明け、育成選手として巨人復帰が決まった高木京介(27)には、1年間のブランクがある。高橋監督が「プレーを見て、その先どうなるか」と慎重になるのは当然だが、選手は早期の一軍復帰を予想しているのだ。

 それだけ、今のチーム状況がメチャクチャということだろう。オープン戦を最下位で終えた巨人のチーム防御率は、12球団でワースト2位となる4.27。これが、リリーフ陣に限ると、5・53とさらに跳ね上がる。

 昨季37セーブでタイトルを取った沢村(28)が右肩痛で離脱。巨人OBによれば「イップスのウワサも出ていて、開幕絶望はもちろん、復帰のメドが立っていない」という深刻な状況だ。その沢村の穴を埋める救世主として期待が高まる、164キロ右腕の新助っ人カミネロ(29)もしかし、オープン戦で対戦した某選手がこんな感想を漏らすから不安が募る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る