マスターズ2日目 “セベの後継者”ガルシア首位タイに躍進

公開日:  更新日:

 92年覇者のF・カプルス(57)にP・ミケルソン(46=04、06、10年)と、歴代チャンピオンが上位に名を連ねる中、スペインのS・ガルシア(37=世界ランク11位)が、69のスコアで回り、通算4アンダーの首位タイに浮上した。

 プロ転向した99年から19年連続出場しているが、コースとの相性はよくない。ベスト10入りは3度で、最高位は04年の4位だ。

 母国スペインでは、11年5月に他界したセベ・バレステロス(80、83年優勝)、94、99年覇者J・オラサバルの後継者といわれているが、メジャータイトルはない。全米オープン3位(05年)、全米プロ2位(99、08年)、07年の全英はP・ハリントンにプレーオフで惜敗。もう一歩のところで届かなかった。若い頃は“エルニーニョ”の愛称で元気がよい半面、性格は短気。アドレスも長く同伴競技者に嫌われていたが、年齢を重ねプレーも落ち着いてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る