ジョンソン欠場が影響? 上位選手揃って初日低調の不思議

公開日: 更新日:

【マスターズ 初日】

 大会前日に宿舎の階段で足を滑らせ左肘を痛めたD・ジョンソン。「2歳の息子をデイケアから出迎えるために車を動かそうと、靴下だけで外に出て階段を下りようとしてスリップして左肘を打撲して、腫れ上がった」という。3戦連続優勝からマスターズに乗り込み、優勝候補の大本命だったが、コース外でまさかのアクシデントに見舞われた。この日はドライビングレンジとパッティンググリーンで練習したが「十分にスイングできないし、戦えるだけの状態ではなかった」と、スタート前に棄権した。

 世界ランク1位の欠場で気が抜けたわけではないだろうが、「トップ10」の多くは出遅れた。

 キャリア・グランドスラムがかかるR・マキロイ(同2位)は、バック9の3バーディーでイーブンに戻し、12位タイにつけたが、末期がんの母親の手術に付き添うため、先月はマッチプレー選手権を途中棄権したJ・デイ(同3位)は、11番でダブルボギーを叩き2オーバーの26位タイ。歴代チャンピオンのJ・スピース(6位)、A・スコット(9位)も3オーバーの41位タイで初日を終えた。

 この日は風速10メートル前後の強い風が吹いた。予報では2日目も風はやみそうにない。優勝候補の筆頭が消えた波乱の大会で、難グリーンを攻める技術に注目だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  4. 4

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  9. 9

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  10. 10

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る