ジョンソン欠場が影響? 上位選手揃って初日低調の不思議

公開日:

【マスターズ 初日】

 大会前日に宿舎の階段で足を滑らせ左肘を痛めたD・ジョンソン。「2歳の息子をデイケアから出迎えるために車を動かそうと、靴下だけで外に出て階段を下りようとしてスリップして左肘を打撲して、腫れ上がった」という。3戦連続優勝からマスターズに乗り込み、優勝候補の大本命だったが、コース外でまさかのアクシデントに見舞われた。この日はドライビングレンジとパッティンググリーンで練習したが「十分にスイングできないし、戦えるだけの状態ではなかった」と、スタート前に棄権した。

 世界ランク1位の欠場で気が抜けたわけではないだろうが、「トップ10」の多くは出遅れた。

 キャリア・グランドスラムがかかるR・マキロイ(同2位)は、バック9の3バーディーでイーブンに戻し、12位タイにつけたが、末期がんの母親の手術に付き添うため、先月はマッチプレー選手権を途中棄権したJ・デイ(同3位)は、11番でダブルボギーを叩き2オーバーの26位タイ。歴代チャンピオンのJ・スピース(6位)、A・スコット(9位)も3オーバーの41位タイで初日を終えた。

 この日は風速10メートル前後の強い風が吹いた。予報では2日目も風はやみそうにない。優勝候補の筆頭が消えた波乱の大会で、難グリーンを攻める技術に注目だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  9. 9

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  10. 10

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

もっと見る